日々の雑感を先人に倣って綴ってみようと思います。
ご感想,ご意見,お叱りなどございましたらメールまたは掲示板までお寄せいただければ幸いに存じます。

徒然なるままに


2010/10/29
「無きに等しい」というのは「有る」ということに他ならないわけで(苦笑)

生きているってのはややこしい:-p

以上,「生きている」週間でした(笑)

 

 

2010/10/28
食べ物とは思えない臭いがしても食べられるものもあったりはしますな(苦笑)

本来は生きるために必要な警報を無視できるのも生きているからこそではある(笑)

 

 

2010/10/27
こんなのと死ぬまで付き合うのかと思うと辟易はするけれど,自分が相手であれば是非もあるまい(自爆)

生きているってのはそういうことではあるな(笑)

 

 

2010/10/26
手乗り大からわずかな時間で溶けてスプーン乗り大に小さくなるのは受け入れられても,手乗り大だったのがあれよあれよと膝乗り大に育つと恐慌をきたすわけですが(^^;

生きているってのはそういうことではあるな(をぃ

 

 

2010/10/25
久しぶりに血が出る。痛くなくても嫌なものだ(苦笑)

生きているってのはそういうことではあるな。

 

 

2010/10/22
太くて長いと最後まで通すのが大変(苦笑)

自戒(苦笑)

 

 

2010/10/21
「老いては子に従え」と師は宣へり。実によいお言葉だと思う(笑)

従う用意はすでにできているのでよろしく(爆)>若者達

 

 

2010/10/20
毎日のように「今日こそは」と思えるというのは若いということなんだろうなとは思う(苦笑)

ああ,今日こそは冬眠に入りたい(自爆)

 

 

2010/10/19
崖っぷちにいるというのは崖下に比べて位置のエネルギーを持っているということです。

若者へ。

 

 

2010/10/18
飛び降りられる清水の舞台の方はどう思っているのだろうと思ったりはする(苦笑)

ま,飛び降りる気になっているのが自分ではないからだろうな(苦笑)

 

 

2010/10/15
流転も流浪も流れているだけはマシなんだと思う。

しみじみと。

 

 

2010/10/14
付ける薬はなくても飲み薬ならあるかもしれない。諦めてはいけない(藁

m(_ _)m

 

 

2010/10/13
痛みでさえ慣れてしまうものではあるな。完全に感じなくなるのは生きるのを止めたときだろうけれど。

ま,そういうのも含めてダマしダマしボチボチと。

 

 

2010/10/12
なんにせよ笑わせていただいたら得したなと思いますが。もう滅多なことでは笑えなくなってきていますから(藁

m(_ _)m

 

 

2010/10/11
この日が制定された頃には体が育ちすぎて不健康になる人が多数を占めるようになるとは思われていなかっただろうなぁ(苦笑)

体育の日。

 

 

2010/10/08
世界は自分と自分以外の全てからできているわけですから,自分がいなくても世界は小揺るぎもしないわけですな(笑)

私が冬眠したところで無問題(爆)

 

 

2010/10/07
他人のせいにしないのは立派なれど,なんでも一人で成し遂げられるはずだというのも悪質な思い上がりなので為念。

若者へ。

 

 

2010/10/06
「カタクチイワシのような日本語」という表現は作りすぎではあっても嫌いぢゃないです(笑)

良く精進された(笑)>若者

 

 

2010/10/05
まぁ,穴があったら覗きたくなるのは本能かもしれませんが,目を近づけたら穴から何かが飛び出して目を突くかもしれないと覗く前に考えるくらいには本能に抵抗していただきたいものだ(苦笑)

ヤレヤレ(苦笑)

 

 

2010/10/04
仕込みに忘れるくらい長い時間がかかることというのはあるかもしれませんが,仕込んだことを忘れていたのが発動して驚くというのはいかがなものか(苦笑)

自戒(自爆)

 

 

2010/10/01
さて10月。置くとお婆は動かすと何になるのだろう?(イミフメ)

なにはともあれボチボチと。


Last month


Click Here!