日々の雑感を先人に倣って綴ってみようと思います。
ご感想,ご意見,お叱りなどございましたらメールまたは掲示板までお寄せいただければ幸いに存じます。

徒然なるままに


2007/01/31
「実態は一つでも表現はいろいろ」というのと「表現はいろいろでも実態は一つ」というのとは同じことであったりなかったり(苦笑)

若者へ(笑)

 

 

2007/01/30
新しいものに憧れるほどには旧いヤツなのですがなにか?(自爆)

 

 

2007/01/26
深みどころか足がつく浅瀬でも,それどころか洗面器の水でも人は溺れる。努々忘れるなかれ。

策も同じ(自爆)

 

 

2007/01/25
人間離れしたなどと言われているうちはまだ人間(笑)

 

 

2007/01/24
いざとなったら裸足で逃げ出せるように足の裏は日頃から鍛えておきべきかもわからんね(苦笑)

自戒。

 

 

2007/01/23
時代に逆行はしていても,時間を遡行なんかできっこないので安心するということで(笑)

もちろん私のことですがなにか?(自爆)

 

 

2007/01/22
なにもどうもなっていなくてもなにがどうなったかわからないものなのよねぇ(笑)

読みにくい(爆)

 

 

2007/01/19
一喜一憂で帳尻は合うと(苦笑)

でも,それって疲れるのよなぁ(苦笑)

 

 

2007/01/18
タンスに死蔵されていたものもいつか誰かが発掘して日の目を見るかもしれないわな(苦笑)

いま自分が発掘したのもそういうものかもしれないということで:-p

 

 

2007/01/17
ま,これがなければ生きていられないけれど,これさえあれば生きていられるわけでもない,なんてのが一般的ではある(笑)

「空気」だったり,「水」だったり,「金」だったり,「あなた」だったり,その他のなにかだったり。

若者へ(笑)

 

 

2007/01/16
放り投げれば落ちるには落ちます。それはもう否も応なく。

投げる元気をどこから持ってくるかは別の問題ですが(自爆)

 

 

2007/01/15
「自動」は「全自動」と「半自動」の間にあるわけではなし(苦笑)

なんのこっちゃ(苦笑)

だが自戒(自爆)

 

 

2007/01/12
道を踏み外したところで地雷を踏ませるようなトラップはいくらなんでもマニアックだと思うわけですが(苦笑)

そんなの教えたっけかなぁ?(苦笑)

手間も金もかかるし(爆)

 

 

2007/01/11
う〜む,「ダイナマイト・ボディ」ねぇ・・・

そもそもダイナマイトは細長い円筒形なのが標準ではないかとオヂサンは思うわけだが(笑)

 

 

2007/01/10
うすうす分かっていたことはたいがい最後までつき合う羽目になるんだこれが(笑)

若者へ(爆)

 

 

2007/01/09
闇の中はそこらじゅう真相だらけなんだろうとは思う(苦笑)

 

 

2007/01/08
成体になることを成人と称するわけでもなし。

新成人の諸君へ。

 

 

2007/01/05
忘却のカタナってのはいろいろとアブナイのよねぇ(苦笑)

回収したいとは思うのですけど思い出せないわけで(自爆)

 

 

2007/01/04
育て方が良かったかと育ち方が良いのかは別の問題だわねぇ(笑)

仕事初め。

ボチボチと。

 

 

2007/01/03
親死に子死に孫死に。おめでたいといえばおめでたい。

しかし,プロセスを殺すのはやっぱり孫や子からで親は最後だよなぁ(笑)

三が日になに書いているんだか(笑)

 

 

2007/01/02
父,私,若者の三代で酒を飲む。

若者が30度の泡盛を水で割るのにちょっと驚いて感心することしきりの父と私(笑)

飲み方のエレガントさではすでに超えられているらしい。

楽しいお酒でした。

ありがとう。

 

 

2007/01/01
明けましておめでとうございます。本年もきゃんずほめぱげをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

往く川の流れが絶えないのも,元の水でないのも,水源があるからです。

それはどこかでしたたった一滴のしずく。

そのしずくに思いを馳せながら今年もボチボチとすごそうと思います。

遡ってそれを探し求めるのは流れにプカプカと漂う泡の任ではないので,誰か元気な人たちがそれを見せてくれることに期待しながら(笑)

皆さまにとって今年が良い年になりますように。


Last year


Click Here!