日々の雑感を先人に倣って綴ってみようと思います。
ご感想,ご意見,お叱りなどございましたらメールまたは掲示板までお寄せいただければ幸いに存じます。

徒然なるままに


2006/12/29
本年もきゃんずほめぱげをご愛顧いただきありがとうございましたm(_ _)m

ロバート・ブラウニングの「ピパの歌」の結びの一節,「なべて世は事も無し(All's right with the world !)」が平和ということであるのを裏付けるように,今年も世は事で満ちあふれていました。今日を含めて残り三日の間にもなにが起こるかわかったものではありません。

しかし,良くも悪くもそれで喜んだり哀しんだり怒ったりできるのは生きているということに他なりません。運が良ければ来年もまたそういうふうに過ごすことになるでしょう。楽になりたいと事有るごとにボヤキながら(笑)

そういうのがお嫌でなければ,また来年お会いいたしましょう。

良い年をお迎えください。

 

 

2006/12/28
鞘では斬れんのだけど,それでぶん殴られればそれなりに痛いということで(^^;

年の瀬だというのに(苦笑)

 

 

2006/12/27
物事すべからく突き詰めれば分かる人にしか分からないものであるのは認めますが,報告書はせめて,分かる人には分かるように書いていただけると助かるなぁ(苦笑)

含自戒(苦笑)

 

 

2006/12/26
予感があっても予見できるわけではなし。

予断を持てばなおのこと。

自戒。

 

 

2006/12/25
祝耶蘇降誕祭!

いあ,文字化けではなく「メリクリ」ってことで(笑)

 

 

2006/12/22
二重否定は積極的肯定かもしれんけど二重肯定は否定ではないわなぁ(苦笑)

どっちもその場の気分の問題かもしれんけど(苦笑)

 

 

2006/12/21
聞いているんだかいないんだか。聞こえてはいるようですが(苦笑)

m(_ _)m

 

 

2006/12/20
昨日の徒然の「的」は「まと」と読むのではないので念のため(苦笑)

ヤレヤレ(苦笑)

 

 

2006/12/19
機械ではないから「機械的に」なんていっているわけですが,「人間的にどうかと思う」という場合は人間の話なんだこれが(苦笑)

ヤレヤレ(苦笑)

 

 

2006/12/18
「喜怒哀楽」に「苦楽」。どうあっても最初から楽というわけにはいかないということのようで。

ま,いつも苦戦しているから楽に勝ちたいと思うのではあるな(苦笑)

 

 

2006/12/15
思う壺でなくても良いからどれかの壺にはまっておとなしくしていてくれさえすれば良いと思うわけで(苦笑)

意外性は大事だし(違爆)

 

 

2006/12/14
わかっていないと聞けないこともあるのですが(苦笑)

若者へ(爆)

 

 

2006/12/13
過去は悠久,未来は永劫,今は刹那。

されど,悠久も永劫も刹那の連続。

 

 

2006/12/12
改革を訴えて変わったとしても,変わったら変わったでその状態を保守し続けようとするのが人間だと思いますが(苦笑)

ま,だからこそ新たな変革者の種は尽きないと(苦笑)

若者へ(爆)

 

 

2006/12/11
加齢はスルーするわけにもいかない(苦笑)

お互いに(苦笑)

 

 

2006/12/08
あの時回避しえたとしたら,まさにいま激突していたかもしれない。

経過した年数だけの憎悪を蓄積させてより激しく凄惨に。

だがそれでも。だからこそ。

繰り返さなくなるまで。

それがどれほどのものか我々は知っているのだから。

倒れた先人達がその命で教えてくれたのだから。

Remember Pearl Harbor.

 

 

2006/12/07
目が曇る。

それは白内障かもしれない。

笑い事ではなく。

 

 

2006/12/06
見かけは「倒し」で理屈は「倒れ」。

この違いがポイントだったり(苦笑)

m(_ _)m

 

 

2006/12/05
他人を殺した人間はその時点で自分で自分を殺せてはいなかった人間。

事実としてそうだということで。

 

 

2006/12/04
縦,横,高さ。さて,厚みはどれだ?(笑)

 

 

2006/12/01
「も」走るのか,「が」走るのかで解釈は異なるわけで(笑)

師走(爆)


Last month


Click Here!