日々の雑感を先人に倣って綴ってみようと思います。
ご感想,ご意見,お叱りなどございましたらメールまたは掲示板までお寄せいただければ幸いに存じます。

徒然なるままに


2003/7/31
「可もなく不可もない」などと評価をさぼってはいかん(苦笑)

自戒(爆)

 

 

2003/7/30
備えあれば憂いなし――Windows RPCのセキュリティホールへの対処策

備えることと憂うことが別の問題になって久しいような気がするのですが(苦笑)

patch がまだの方はお急ぎを。

RPC インターフェイスのバッファ オーバーランによりコードが実行される (823980) (MS03-026)

 

 

2003/7/29
ハードルというものは,飛び越えるのがスマートではあっても,蹴倒してはいけないということはない。故意でないそぶりさえ見せれば(笑)

見ているぶんにはそっちの方が面白いことでもあるし(爆)

お若い人へ。

 

 

2003/7/28
前日の夕方に雨が降って土が湿った素焼きの花鉢はひんやりと冷たいらしい。ちょっとでも快適に昼寝しようとする心意気,天晴れである(笑)

よく育った身が器からはみ出している様は,「猫丼特盛りいっちょう!」って感じだわね(爆)

お昼寝中〜

 

 

2003/7/26
去るときは何も残さず洗いざらい持てるだけのものを持っていくこと(笑)

「立つ鳥跡を濁さず」というではないですか(爆)

 

 

2003/7/25
「余地がない」のと「とりつく島がない」のとは同じではあるまい(苦笑)

ときに,生のオレンジジュースにはカリウムがたくさん含まれているそうです(謎)

 

 

2003/7/24
「じゆーとー かいとー」

聞いたときの第一印象は,「凍ってるよりはいいよなぁ」でした(笑)

 

 

2003/7/23
BGMとしては,すぎやまこういち先生作曲の「そして伝説へ」が最適でございましょう(笑)

楽しゅうございました(^^)

 

 

2003/7/22
落ち続けるのも楽ではないと思います。地獄であろうとどこであろうと底がありますし。底にぶつかるたびに抜かなければならないと思うだけで気疲れしますが(苦笑)

底を抜いているつもりで気がつけば球の反対側に出ていたりしたら目も当てられない(爆)

 

 

2003/7/21
その家で一番涼しい場所は猫に聞け。というわけで,我が実家で一番涼しいお昼寝スポットは玄関のたたきらしい。それにしても幸せそうだこと。誰かに踏まれないように気を付けてくれ給えよ(笑)

あぁ,猫になりたい(爆)

お昼寝中〜

 

 

2003/7/19
大山を鳴動させてでも一匹の鼠を追い出さねばならないことだってあるんです。笑い話ですめばどれほど幸せなことか。

○大山鳴動して鼠一匹(出典:広辞苑第四版(マルチメディア版))
前ぶれの騒ぎばかりが大きくて、実際の結果の小さいことのたとえ。「大山」は「泰山」とも書く。

 

 

2003/7/18
誰に対しても紳士であることを自分に課したことはありません。それがいいことだとは思ってもいませんし。もっとも,紳士として見るかどうかは見る側の問題で,私の知るところではないのですが。紳士として振る舞うかどうかは私の問題ではあっても。紳士として振る舞いたい相手にだけそうしているつもりであっても。

ヤレヤレ,愚痴ってどうする(苦笑)

 

 

2003/7/17
希望を持たなければ失望することもない。その方が確かに楽ではある(苦笑)

諦めれば楽だというのも,これも確かにその通り(苦笑)

やっぱり,生きているって楽ぢゃない。楽に生きたくはあっても(苦笑)

 

 

2003/7/14
ちょっとお休みいたしますm(_ _)m

 

 

2003/7/12
引かばこちらも合わせて引く。何といっても楽だし(笑)

何事も経験(爆)

お若い人へ。

 

 

2003/7/11
押さば押し返すのも悪くはない。力が余っているなら(笑)

何事も経験なわけだし(爆)

お若い人へ。

 

 

2003/7/10
ゆれる「お尻」は自分の今の環境から見れば現実の恐怖ではないけれど,「ピンヒール」に踏まれる痛みは現実の恐怖となりえるため,そちらにより敏感に反応したのだということに,今更ながら気づきました(笑)

これぞ危機管理(爆)

私信:-)

 

 

2003/7/9
美しくも妖しい(半分は怪しい?(爆))異空間の作成に寄与いたしました(笑)

「外側」からこちらを見る人たちの姿は実に興味深く,異空間の主はまことに可愛らしく目の保養をさせていただきました(^^)

とても楽しゅうございました。おつきあいありがとうございました。またやりましょう(笑)

 

 

2003/7/8
織り姫と彦星。昨晩は通算何度目の逢瀬だったんだろう?

馬に蹴られますね(苦笑)

 

 

2003/7/7
後かたづけのことを考えるなとはいいませんが,洗いざらいぶちまけたいのなら,そんなことはぶちまけて後で考えればよいことなのでは(苦笑)

お若い人へ。

 

 

2003/7/5
虎には虎の生き方というものがあります。虎がいるとわかっていて近づいて餌食になるのなら,それは虎の側にはなんの落ち度もありません。たとえその虎が市の中にいたとしてもです。自明ではありませんか?

虎に近づくならそれなりの用意を怠るなということですな(嗤)

市に虎あり(出典:広辞苑第四版(マルチメディア版))
[戦国策魏策] (虎が市にいるはずはないとわかっていても,そう主張する者が大勢いれば,ついには信じてしまう意) 事実無根の風説も,言う人が多ければ遂には人をまどわすに至るというたとえ。「三人市虎(シコ)を成す」とも。

 

 

2003/7/4
若いって素晴らしいことだなと,本当に久しぶりに思いました。感動をありがとう。

夢に歩き出すお若い友へ。夢,叶いますように。

 

 

2003/7/3
前足があったところへ後ろ足を運ぶ四足の獣の歩き方に学ぶこと。安全に確実に。

お若い人へ。

 

 

2003/7/2
確証はなくても確信できる。それが人間という生きものですな(苦笑)

自戒ですとも。もちろん(爆)

 

 

2003/7/1
灸を据えるのは油を絞った後ということで。引火したら危ないし。

それとも,先に灸を据えた方が油の出がよくなるかしら?(笑)

いっそのこと,灸を据えたまま鏡張りの部屋に放り込むか?(爆)


Last month


Click Here!