日々の雑感を先人に倣って綴ってみようと思います。
ご感想,ご意見,お叱りなどございましたらメールまたは掲示板までお寄せいただければ幸いに存じます。

徒然なるままに


2002/5/31
「この間の5月9日の説明は何だったのかということになるという思いが今しております」

珍しく気が合いますね(嗤)

http://www.nhk.or.jp/news/2002/05/30/grri84000000cj07.html

 

 

2002/5/30
どこからか聞こえてきた美川憲一さん(かな?)が歌っていた一節。

♪下手すりゃ 一晩 一昔〜♪

その通りだと思います。

身につまされました。

 

 

2002/5/29
瓜の蔓に茄子は生らないと思い込んでいると,瓜畑の中に南瓜があっても見落とします。

お若い人へ。

 

 

2002/5/28
不測の事態が起こることは予測できるものらしい。

的中させてあげるのが親切というものですな(嗤)

 

 

2002/5/27
肉を切らせているうちに失血死ということになりかねん。やっぱり体力勝負なのね(^^;

いっそのこと骨抜きを狙おうかしら(苦笑)

 

 

2002/5/26
全世界のウルトラマンフリークの皆さんこんにちは。「核の均衡」終息へ。核兵器による平和の均衡の意味でも,核兵器の配備数の均衡の意味でも。片方がコケて均衡を取る意味が無くなったから。

第47話「空の魔女」。う〜む,お話は凝っているのだけど尺が足りないのでしょうね。最強の対侵略防衛兵器は番組ナレーション(爆)

特撮は冴えまくり。なかんずく実写との合成が素晴らしい。

しかし,防衛軍機は今回もあっけない。久々の出番なのに不憫だ(苦笑)

ゲストのミサキ・アイ役の石橋奈美さん。とても表情の豊かな女優さんですね。それにしても,原田監督は女の人を綺麗に撮ります。

ウルトラマンコスモス(円谷プロダクション)

ウルトラマンコスモス(毎日放送)

 

 

2002/5/25
鳴かなかったから撃たれなかったんではなくて黙殺されたんだと思う。お人好しってこともないだろうし(^^;

ヤレヤレ(苦笑)

 

 

2002/5/24
外出時には顔と体をすっぽりと覆う防護服と空気濾過器が必要というところまで行き着くとそういっているわけですね。今の段階でも空気を選ばなければならないということは。

http://www.sharp.co.jp/clusterion/index.html

 

 

2002/5/23
棚上げにしたいと宣っているのですな。なんでもいくらでものせられる頑丈で大きな棚をお持ちだこと。痛みを覚悟で在庫処分はしないのね。奥の方ではキノコが生えていそう(嗤)

かといって在庫一掃セールも見たくはなし(爆)

http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200205/21/20020522k0000m010152000c.html

 

 

2002/5/22
横隔膜に刻まれた妖しい記憶。横隔膜が夢を見るのか横隔膜の夢を見るのか(笑)

そして教訓。お天道様には逆らうまい(爆)

 

 

2002/5/21
38回目の生誕記念日です。下り道というのは自然と早足になるようです。けつまずくことも多くなりましたし,すぐに息が切れるようになってきました。もっとゆっくりと歩かねばなりませんね。上ってくるときには見えなかった,あるいは意識して見ようとしなかったものを,見ながら,考えながら。上ってくる人たちとすれ違いながら。

折り返して3年。生きています。

 

 

2002/5/20
無駄があるようにも余裕があるようにも見えます。気は持ちよう。ものは言いよう。丸い卵も切りようで四角。切り落としも美味しくいただきましょう(笑)

お若い人へ。

 

 

2002/5/19
全世界のウルトラマンフリークの皆さんこんにちは。どうしようもなく他者である存在はどこへ帰るのでしょうか。30年経ちました。

第46話「奇跡の花」。コスモスらしいお話。しかし,本筋と記憶喪失になんの関係もないのはいったい。護るということをいろいろな形で見せたかったのでしょうか。また,カオスヘッダーもそうだけど,ウルトラマンコスモスもまたご都合主義で使われているように見えてしまいます。めでたしめでたしではあるのだけれど・・・

ギャグなのかもしれないけどシノブリーダー(演:坂上香織)ちょっとコワイんですけど(^^;

キュリア星人の人間体の作務衣姿も凛々しい山野先生は,ウルトラマンガイアで井上倫文カメラマンを演じた角田英介さん。久しぶりですぐには気づきませんでした。見違えたといっては失礼に当たるでしょうね。ごめんなさいm(_ _)m

毒の花の花粉が無くなってある意味では役割を終えた異星人は,あの村でこれまでと変わらず静かに暮らしていけるのでしょうか。どうかそうであってほしい。

ウルトラマンコスモス(円谷プロダクション)

ウルトラマンコスモス(毎日放送)

 

 

2002/5/18
力を効率的に使っているとスマートに見えるのだけど,効率も型もなにもなくただ爆発的な力で押し切れるのに,それを隠すためにスマートに見せるように振る舞っているということもあって,危ない危ない(苦笑)

なんの話しなんだか(笑)

 

 

2002/5/17
愚痴って状況が改善されると思うのなら愚痴り倒しましょう。ぺんぺん草も生えないくらいに徹底的に。メルトダウンした炉心が地中深く潜っていくように。それが人の道というものです。そうでなければそれは時間の無駄であり,精神衛生にもよろしくないと私は思います。

お若い人へ。

 

 

2002/5/16
可能なら同じものを2つ作っておきましょう。バックアップに取っておくのもよし,破壊試験をするのもよし(笑)

お若い人へ。

 

 

2002/5/15
私の父母が戦世からアメリカ世への世変わりを経験したように,私がアメリカ世からヤマト世への世変わりを経験したように,世変わりを知らない世代もまた,世変わりを経験するのかもしれませんね。良くも悪くも。それが人の営みなら。

あれから30年。一世代が過ぎました。

復帰の日。

 

 

2002/5/14
問題が3つあるといって1つ目の話しが延々と続くのは,しゃべりながら後の2つを考えているからに違いない(嗤)

動いているのがわかる分だけはMS製のマルチタスクOSよりはマシか(苦笑)

m(_ _)m

 

 

2002/5/13

きちんと考えてつくられたモノを,
きちんと考えて選ぶ。
センスがいいって,そういうことだと思う。

三菱自動車の新聞広告のキャッチコピーです。まったくその通りだと思います。同時に,この当たり前のことを敢えて文字にすることに悲しさを覚えました。

そして,自戒。

 

 

2002/5/12
全世界のウルトラマンフリークの皆さんこんにちは。日本はいつもの年より季節が早く巡っているようです。地球も速く回っているのかも。上にあるものを振り落としたくて。

第45話「遊園地伝説」。きれいなファンタジーです。でも,ウルトラマンを出したくて防衛軍の戦車に発砲させたように見えてしまいました。まぁ,有事三法案に対する批判なのかもしれませんね。

今回もテックブースターは出るだけなのね。かわいそうだわ(^^;

アヤノ隊員(演:鈴木繭菓)の回想シーンの挿入がちょっとわかりにくい。編集に難があったのかしら?

物語の最後,去っていくUFOに防衛軍の皆さんが笑顔で手を振るのが,なんかとてもいい感じ(笑)

ウルトラマンコスモス(円谷プロダクション)

ウルトラマンコスモス(毎日放送)

 

 

2002/5/11
油を断たれるのは「油断」とはいうまい(嗤)

m(_ _)m

 

 

2002/5/10
今年もまた熱い季節がやってきましたね。

今年もまた謹んで言わせていただきます。

がんばってp(^^)q

愛しのゆっこ姫へ。夢の扉,開かれんことを。

 

 

2002/5/9
カプチーノと定休日とカツオとハーブと工事中とブタちゃんと電器屋と,そして,そばとぜんざいと山桃のリベンジを誓った一日でした。今回は6倍くらい(御社前回比(笑))だと思われますので,次は9倍超を期待いたします(笑)

楽しゅうございました。またご一緒いたしましょう(^^)

 

 

2002/5/8
理屈に合わなくてもうまくいっているということもあります(苦笑)

お若い人へ。

 

 

2002/5/7
鈴を付けるだけではすみませんよ。どうやって鈴がちゃんと鳴るか確認するんですか。誰に行かせるかでもめるのはそれを決めてからでよろしい。チャンスはそう多くはないのですから。

ヤレヤレ(苦笑)

 

 

2002/5/6
近距離から扇状に斉射すればどれかは当たるだろうってのは確かにそうなのだが,当たらなかったその他大勢の外れ弾が流れ弾になって悪さしようもないような広い所なんだろうなぁ・・・

まぁ,確かに私でもそうするだろうけどさ(自爆)

当たらなかった場合の反撃は扇の要に集中するってのは言わぬが花(爆)

 

 

2002/5/5
全世界のウルトラマンフリークの皆さんこんにちは。地球人もいずれは宇宙へと出て行くのでしょうね。新天地を求めて。それまで人類が存続すれば。

第44話「ギギVSゴン」。いや冴えているときの武上脚本は面白い。しかも,同じギギ編の前作第17話で研究所の建物と巨大ギギへの攻撃パターンが全く同じでボケとまでいわれたのを,したたかに伏線として活かして見せるあたり,やはりタダモノではない(笑)

かつて,移住先を探していた20億のバルタン星人をスペシウム光線で焼き殺したウルトラマンと,ギギ人の移住に干渉しなかったウルトラマンコスモスの違いが興味深い。単に移住先が地球人の暮らすこの次元ではないため,移住先にどんな抗争が待っていようとかまわないということなのかという解釈もできなくはないけれども,それでもギギ人の科学者を私は信じたい。

再登場のサワグチ女史(演:原久美子)。あんなアブナイ実験を一人で山荘でやっているあたり相変わらずかと思いましたが,どうしてなかなかチャーミングに描かれていました。焼き餅を妬くヒウラキャップ(演:嶋大輔)もカワイイ(笑)

あれほど「ゴン」の名にふさわしい攻撃方法があっただろうか(いやない(反語(爆)))

最後にも一ひねり。なかなかよろしい。声だの染色体だのそんなのは参考にはなるまいと突っ込みたくはなりましたが(笑)

ウルトラマンコスモス(円谷プロダクション)

ウルトラマンコスモス(毎日放送)

 

 

2002/5/4
「私は奇跡など信じないが,奇跡という言葉はあるのだから,そういうことが起こるということもあるのでしょう。」

テレビからふと聞こえてきた台詞。いい台詞だと思います。

 

 

2002/5/3
作った側も,押し頂いた側も,今日の論議は十分に予想の範囲内だったのでしょうね(嗤)

憲法記念日。

 

 

2002/5/2
不具合があってはならないと思うことと,不具合があるはずはないと思うこととは別のことなのだが(苦笑)

 

 

2002/5/1
御託を並べるときには細心の注意を払いましょう。上手に並べることで「五択」だと思い込ませることも可能です(笑)

お若い人へ。


Last month


Click Here!