日々の雑感を先人に倣って綴ってみようと思います。
ご感想,ご意見,お叱りなどございましたらメールまたは掲示板までお寄せいただければ幸いに存じます。

徒然なるままに


2002/4/30
もう笑うしかなくなっても,それでも,まだ笑うことはできます。

 

 

2002/4/29
「身の程」というのは自分にとってのみ意味を持ちます。他人から「知れ」だとかしたり顔でとやかく言われる筋合いのものでもありません。

お若い人へ。

 

 

2002/4/28
全世界のウルトラマンフリークの皆さんこんにちは。今なら通せると踏んだから提出しただけのこと。支持があるのだから。支持したのは誰だ。

第43話「操り怪獣」。見所満載。しかし,この後味の悪さは何。

「夕陽」はやはり,ウルトラセブン第8話「狙われた街」へのオマージュなのでしょうね。夕陽を横切って飛ぶシルエットのテックサンダーが最高に格好いい。しかし,コスモスのタイプチェンジが水面に映るシーンのCG処理の質感は今一歩。元々CG処理のタイプチェンジをさらにCGで水面にはめ込んだゆえでしょうか。

「コスモスも神ではない」とヒウラキャップ(演:嶋大輔)に言わせたいために怪獣を死なせたと取られても仕方がない。今までなんでもありで使っておいて今更それはないのでは。この重苦しさはこの物語に似合わない。最後のムサシ(演:杉浦太陽)の叫びはこの物語のテーマをストレートに反映するものではあるのですが。

ウルトラマンコスモス(円谷プロダクション)

ウルトラマンコスモス(毎日放送)

 

 

2002/4/27
点けた火は大きくしすぎないこと。消せなくなると元も子もなし(苦笑)

自戒。

 

 

2002/4/26
なにも書いていないことに意味があるということもあります。「白」は余っているばかりではありません。

 

 

2002/4/25
取扱説明書を読まない人は上手にはなりません。しかし,取扱説明書を読めば上手になるというものではありません。

「畳水練」という言葉をお忘れか,父上。

 

 

2002/4/24
「片腹痛し」といって「病気か」と返されるようではいかんなぁ(苦笑)

勇み足ってやつやね。

自戒。

 

 

2002/4/23
素手で触る前に棒きれでつつきましょう(苦笑)

お若い人へ。

 

 

2002/4/22
地固めるために雨乞いしているわけね(苦笑)

血の雨なら固まるのもさぞかし速かろう(嗤)

m(_ _)m

 

 

2002/4/21
全世界のウルトラマンフリークの皆さんこんにちは。備えがあってもなくても憂いはなくならない。平和ってなんなんでしょう。

第42話「ともだち」。お話はよかったのだけどなんかちぐはぐ。でも,ともだちっていいですね(^^)

お久しぶりのテックブースター。しかし,なにしに出てきたんだか(苦笑)

特撮セットが凄い。畑の間の用水路には水が流れていて怪獣の火球で水面がキラキラ光るし,闘うコスモスの足下の軽トラックのナンバープレートが黄色い。力の入った佐川特撮,堪能いたしました。

来週は「夕陽」。

ウルトラマンコスモス(円谷プロダクション)

ウルトラマンコスモス(毎日放送)

 

 

2002/4/20
身と蓋があっても味は変わりませんよ(嗤)

m(_ _)m

 

 

2002/4/19
なんでも高く見積もるもんです。相手を低く見積もれば痛い目に遭いますし,自分を低く見積もると痛い目に遭って思い知る貴重な機会を失います(笑)

お若い人へ。

 

 

2002/4/18
「帯」や「たすき」くらいしか思いつけないような輩には言いたいように言わせておけばよろしい。気にしたからといって伸びるものでも縮むものでもなし(笑)

お若い人へ。

 

 

2002/4/17
逃げなくなったのは逃げる理由がなくなったからだと思うのですが(嗤)

 

 

2002/4/16
どれほど複雑であろうと,難しかろうと,あなたほどではない(笑)

相手はたかが機械なのですよ,父上。

 

 

2002/4/15
同じように見えているかどうかと,同じように解釈されているかどうかは別の問題です。

お若い人へ。

 

 

2002/4/14
全世界のウルトラマンフリークの皆さんこんにちは。中東は緊迫。彼らは超人には頼れないことを知っている。

第41話「緑の逃亡者」。当初の侵略ものの設定はかすんでしまったもののそれなりに面白かった一本。狙ったのかケガの功名なのかは微妙ではありますが(笑)

本編の主役は清水真実さん演じるオカルト女子大生カスミ嬢。第23話に続いての再登場であります。「猫に憑依された世にも珍しい犬の写真よ」とシレっといえるのは君しかいない(笑)

フブキ(演:市瀬秀和)はやっぱり格好いい。前世はさぞかし名のあるミジンコだったに違いない(爆)

CGによるロボットの変形は見慣れてもやっぱり格好いいのだけど,敢えて変形させずに闘わせるのも見てみたい。今後に期待します。

エンディングのカラオケボックスは粋な演出(^^)

ウルトラマンコスモス(円谷プロダクション)

ウルトラマンコスモス(毎日放送)

 

 

2002/4/13
真似をするなといっているのではありません。真似する相手を選べといっているんです(笑)

お若い人へ。

 

 

2002/4/12
「政治家は,高いモラルと向上心をもって行動し,人々の範とならなければなりません。」(小泉内閣メールマガジン 第42号,[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]より引用)

範にならなければならないとお思いになるのは自由ですが,範にするかどうかはこちらが決めること。税金で生活していらっしゃる方のおっしゃる筋合いの言葉でもありますまい。

小泉内閣メールマガジン

 

 

2002/4/11
別にかまわないと思います。避けて通れることは避けて通っても。避けて通れないことはどうあがいても避けては通れませんし,いつまでも避けて通れるというものでもありませんし。

お若い人へ。

 

 

2002/4/10
速くなったなら,速くなったからできるようになったことをするのが人の道というもの。遅くてもできたことをただ速くしただけというのは,同じ時間にやることがたくさんになるということで,ただ忙しくなるだけであると私には思われます(苦笑)

あぁ,私ってば怠け者(笑)

 

 

2002/4/9
追い込まれてから力を発揮するのではなく,追い込まれないように力を発揮していただければ,こちらとしても楽ができるのですが(笑)

私にいわれたくはないか(苦笑)

 

 

2002/4/8
未来しかありません。後ろ向きであろうがマイナス思考であろうが気の持ちように関わりなく。好むと好まざるとに関わりなく。生きているかぎりは。

お若い人へ。

 

 

2002/4/7
全世界のウルトラマンフリークの皆さんこんにちは。さて,4月。なんぞ,面白げなこと見つかるといいですね(^^)

第40話「邪悪の巨人」。いいところで続いたカオスウルトラマン編の後編。面白かったのですが,前後編で脚本家が変わるのはいかがなものかと。まぁ,1週間間があくわけだし,別のお話として見ればいいのかもしれないけど。

防衛軍幹部とヒウラキャップ(演:嶋大輔)のやりとりは,カメラワークやスポットで顔を照らす光の演出も冴えていてとてもよかったのですが,やっぱりちょっと違う。チームEYESが国軍と対等に話し合う場を持てるほど力が強いのならそれも危険。

新たに怪獣を出すというのはちょっと欲張りすぎでは?(苦笑)

倒れた怪獣を足場にして跳び蹴りを喰らわせるカオスウルトラマン。前回にもまして堂々のヒールぶり(笑)

新兵器の暗示として飛車をひっくり返すドイガキ隊員(演:須藤公一)。わからないでもないけどかなり強引。2種類作った方が運用は楽なのでは。これも欲張りすぎ(笑)

フブキ(演:市瀬秀和)は気づいてしまったようです。さて,今後の物語に活きてくるでしょうか。

ウルトラマンコスモス(円谷プロダクション)

ウルトラマンコスモス(毎日放送)

 

 

2002/4/6
表意文字である漢字も“アイコン”です。そして,漢字を読み書きし意味を知るにはかなりの学習が必要です。そういうわけで(笑),ファーストステップガイドや参考書に直感的などと書いてあっても,アイコンによる操作系は学習することなく操作できるようにはなりません。直感的に漢字が読め意味がわかるなら話は別ですが(苦笑)

かつて漢字が読めて世界が広がった感動を思い出してくださいませ。

 

 

2002/4/5
たとえ海を割る力を持っていたとしても,全員を渡すのに必要な数の船を手配する。それが正攻法というものです。

お若い人へ。

 

 

2002/4/4
機械は自らにとって正しい行動を取ろうとするのであって,使っている人間にとって正しい行動を取ろうとするのではありません。そうでなければ,それはもやは機械とは呼べません。

警告ダイアログの一つや二つでビビって電話してこないように(苦笑)

 

 

2002/4/3
たいていの場合,やってみせるのは1回だけで十分。2回目もできるに違いないと思い込むのは見た側の自由(嗤)

新年度そうそう・・・(苦笑)

 

 

2002/4/2
新聞の活字が大きくなるということは,一文字当たりの単価が高くなるということです。

減った字数の分,誤字や不適当な表記も減ることを期待(苦笑)

 

 

2002/4/1
さて,4月。あちこちで顔を出しているワクワクの芽を見つけながら,ゆっくりと歩くとしましょう。急ぐと見逃してしまいます。


Last month


Click Here!