日々の雑感を先人に倣って綴ってみようと思います。
ご感想,ご意見,お叱りなどございましたらメールまたは掲示板までお寄せいただければ幸いに存じます。

徒然なるままに


1999/12/31
本年も“きゃんずほめぱげ”をご愛顧いただき,まことにありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

インターネットは今もなお増殖を続け,薬物販売,猥褻画像の流布,国家による規制などの様々な問題も内包しながら,良くも悪くも現実の社会と何ら変わらない社会として定着しつつあります。

その中でサイトを運営し,たくさんの方々に私の考えの一端を見ていただき,また,たくさんの方々の考えの一端を知ることができました。ネットワークを介して個人の思想を極めて簡単に公にすることができると同時に,それに対する反応を直に感じることができることは画期的なことだと思います。今までになかった「個人の時代」の到来を肌で感じることができた一年でした。

このネットワークのフロンティアは,まだまだ多くの未知の可能性を秘めています。ネットワークに携わる技術者たちも,ネットワークに接続している利用者の一人一人も,全て開拓団の一員です。多くの仲間たちとともに作る明日のネットワークの可能性に思いを馳せながら,新しい年を迎えようと思います。

みなさまも良い年をお迎えください。

 

 

1999/12/30
インターネット上でサイトを公開していることでもあり,いろいろな方が拙文を読んでくださっていると思います。別経路で当サイトにたどり着いた方の幾人かが,偶然にもお友達だったというケースも理論上は考えられますが,ちょっと起こりそうもないことだと思っていました。

大阪のお友達である,でるふぃさんのサイト(でるふぃ・あいらんど)の12月29日付の日記を読ませていただいておりましたところ,なんと,でるふぃさんのお友達も当サイトをご存じであるということが書かれており,少なからず驚きました。1日1000アクセスを超すような大手のサイトならいざ知らず,一日30アクセスにも満たない私のところでこのようなことが起こるとは!!

蜘蛛の巣のように結ばれたネットワークの本質を垣間見た思いでした。

 

 

1999/12/29
自由に生きたいなら,自由に生きたいと思わなければなりません。思ったからといって必ずしもそうなれるわけではありませんが,思いがなければ何も始まりません。

思い続けていたい。

 

 

1999/12/28
某所の週明け。やれ管理者パスワードを変更しろだの,やれウィルスパターンを最新のものにしろだの,年越しはタイムスケジュール通りに行動しろだの,いろいろな指示がまとめて雪崩れ込んできました。臨場感を盛り上げくれること(笑)

当たり前のことが当たり前に出来なくなった時点で負けだと思ってしまいましたとさ(笑)

 

 

1999/12/27
勝てば官軍。実にいい響きの言葉です。実際にそうだとも思います。そう思えるだけの自信を持てるのかが問題ですが。

勝ってから考えよう(笑)

 

 

1999/12/26
全国の徒然ファンの皆さんこんにちは。今日は大阪の Hyper Girl,でるふぃ・あいらんどでるふぃ嬢による特別編です。ではよろしくお願いいたします。

--↓ここから〜

ただいま徒然のバックナンバーを読みまくっている、でるふぃでーす。(以下「でる」)

んで、1999/11/25の喜屋武さんの徒然に書かれてた話。
"ping"を何て読むか(笑)
「ぴん」だよね?「ぴんぐ」って読む人は確かに多いけども、でるは絶対「ぴん」派(爆笑)
だって、「ぴんぐ」ってペンギンアニメじゃあるまいに。
#そりゃピングーやっ
#‥ってたぶん何人もそういうツッコミをしているだろう(笑)

だって、香港--"hong kong"、これ間違っても「ほんぐこんぐ」って読まないじゃぁん?
そうそう、卓球--"ping pong"、これも「ぴんぽん」!
    ♪ぴ〜んぽ〜ん
じゃ"ping"だって「ぴん」だって(笑)

あれ?でも"king kong"ってキングコングだよな?(爆笑)
こりゃ「きんこん」じゃねぇや(^-^;

うーん、困った(笑)「ぴん」派、危うし(笑)
ってゆっかさー英語だから読み方難しいんじゃん(笑)
経路確立確認コマンド、って日本語(日本語か?(笑))で言おう。
#余計ややこしいっつぅの(笑)

気になれば気になるPC英語。
ショートカットとかいろいろ置いてあるとこ、デスクトップってゆーじゃんか?机の上っつーことよね?
なのに何でバックグラウンドの部分って「壁紙」なわけ?(笑)
机の上だよ?だったら「壁紙」じゃなくて「テーブルクロス」じゃん(笑)
#テーブルと机は厳密にいうと違うか‥。
あ、じゃぁ、「デスクシート」!ってそれじゃピンとこないか(笑)

これって、英語版のWindowsを日本語に直すとき失敗したんじゃないの?って思ってたのね。
例えば人がノリノリで書類作ってるのを「不正な処理」とかって、邪魔するダイアログ。セーブしようかなぁって矢先に絶妙なタイミングで出てきて、人を無気力にさせるいや〜なヤツとかさ、何で不正なことしてねーのに「不正な処理」とかってゆーのよっ、とかって思ったことない?(笑)
あれは、「illegal operation」ってのを日本語にそのまんま直したら、「不正な処理」になっちまったーって感じよね。<邦訳
んだからさ、「壁紙」ってやつは実は何か他の英語で、でも「不正な処理」の邦訳で失敗したから、ちょっとひねって訳そうかなって思って、三回転半ひねりくらいひねったら「壁紙」って邦訳になったのかと思ったんだけどね(笑)
でも、この間Netscapeで画像を選んで「壁紙に設定」とかって選んだら「画面のプロパティ」で「壁紙」ってとこに、「Netscape Wallpaper」って出てましたわ(笑)
Wallpaper‥壁紙‥まんまじゃん(爆笑)
じゃ、やっぱり英語でも「Wallpaper(壁紙)」なわけだ(笑)
机上(デスクトップ)に壁紙(ウォールペーパー)っつって矛盾を感じるのはでるだけじゃあるまい?(笑)
それにさ、机の上に普通は「ごみ箱」置かないよなー?(笑)
デスクトップ(机の上)つー割に、「壁紙」敷いてたり、「ごみ箱」置いてたり、なんか、納得いかないんですけどー(笑)

あーそうそう、まだあるわ(爆笑)
C:\WINDOWS\tempってやつ。このフォルダを何て呼ぶかっつーと「テンプフォルダ」だよねー。友達はずっと「添付(てんぷ)フォルダ」だと思ってたらしいけど(爆笑)
ちょっと意味がちっがぁぅ〜って感じ(笑)
英語だよ、英語っつーたら「あ、じゃぁ、テンプレートフォルダ!」とのたまってくれました(笑)template(雛形)のtempってわけね(笑)
いぁ、発音的にはあってるけどさー、それってtempフォルダの役割判ってないね?やりなおしー(爆笑)<勉強
ま、答えはtemporary(一時的な)フォルダなわけだけど、これって、発音テンポラリーだよな?だったら、「テンプ」ってのおかしいよ?(笑)
でも間違っても「テンポフォルダ」ってゆっちゃいけねー(笑)
うーん、やっぱ英語は難しいや(笑)
#そゆ問題なんかいっっ

最後に一つだけ。これまた何で?って感じのlhaとlzhの関係(笑)
lha圧縮っての、何故か拡張子が.lzh。うーん。なんで?(笑)
友達にファイルを送ってEmailに「lha圧縮しといたから」っつーと、「届いてない」ってゆっから、えーっ?って。
拡張子が.lzhのは来てますけど、.lhaってのは来てません!とゆーてくれはった(爆笑)
それだよそれっ、.lzhだっつーの(笑)<lha圧縮ファイル
これだけが圧縮名と拡張子名が違う(違うんだけど何となく似てる(笑))っていうややこしさ。
だって、zip圧縮は.zipじゃん?
これがもし、zip圧縮ってゆって、拡張子が.zatだったりしてみなよー。喜屋武さん喜んじゃうじゃん?(爆笑)
#なんでやっ(笑)

あー、脱線しまくってるや(^-^;
ま、ことほど左様にPC英語って難しいってことで、話を終わらせましょうか(笑)
だけど、"ping"は絶対「ぴん」だかんねっ。
譲らないよ(笑)

※ ZAT(宇宙科学警備隊):細かい説明は喜屋武さんに託す(爆笑)

--↑ここまで

ありがとうございますm(_ _)m

いやぁ「ぴん」派の方とお知り合いになれて嬉しく思います(笑)

それにしても素晴らしい筆の冴え。まさに“ネタをほりこめばエッセイがでてくるブラックボックス”ですね。堪能いたしました。

PCで使われている不可解な用語は,やはり英語圏で開発されたものを日本語化して使っているのが最大の問題なんでしょうね。日本語版を作成したスタッフが技術的に高い水準にあるのは分かりますが,日本語そのものに対する理解が今ひとつであるということだと思います。まぁ,プログラムのソースコードを見ているのが楽しくなると,だんだんと日本語が怪しくなっていくものなのですが(笑)

さてさて,管理人思いにネタを振ってくれましたね。感謝感激雨霰です(爆)

ZATはZariba of All Terrestrialの頭文字なんですが,zaribaなんて大辞典にしか載っていないような単語の響きがステキな,ウルトラマンタロウとともに戦う防衛チームです。このチームの最大の特徴は,何といっても使用している兵器の形状でしょう。とても空を飛べるとは思えないスカイホエールなどの航空機や,とても車検を通らないだろうと思われるウルフ777などの車両は,子供心にも「乗りたくねえ」と思わせる圧倒的なパワーがありました(爆笑)画像を探したのですが見つからずに残念というかホッとしたというか(笑)

おぉ,コメントまで長くなってしまいました(爆)

いやはや,なんとも愉快な一週間の始まりでございます(^^)

 

 

1999/12/25
いよいよ一週間後です。世界中の電算技術者がワクワクしながらその瞬間を待っていたりはしないのでしょうけど(笑)

最初で最後。お祭りお祭り(爆)

 

 

1999/12/24
cat.jpg (5026 バイト)

我が実家のお猫様です。推定9ヶ月(♂)。あまりにも見事なカメラ目線がタダモノではない(笑)

グウタラと日々を送る立派なオトナになりますように。

 

 

1999/12/23
「どこからでもかかってこい」とはとても言えません。できればこちらの思う方向から攻めてきていただきたいものです。向こうには向こうの都合があって,なかなかそうもいかないとは思うのですが(笑)

相手があることって本当に難しい。

 

 

1999/12/22
昔々,コンピュータが寡黙だった頃,何かいけないことをしようとすると「ワー」とか「キャー」とかいって警告してくれないかしらと思いました。今,コンピュータは「ワー」とか「キャー」とかいって警告してくれるようになりましたが,それで危機回避が行えることなど滅多になく,もっと静かにしてくれないかしらと思ったりします。

ワガママですね(笑)

 

 

1999/12/21
アーチ橋の特徴。要石(かなめいし)を外せば自重で崩れること。上に物が乗っていたりすればその加重がさらに崩壊を促進します。古来戦略上の要衝にアーチ橋が多く採用されてきた所以です。世の中には最初から壊すことを想定して作られている物もあるということです。しかし,いつでも実行は出来ますが,壊せるのは1回限りです。切り札というのはなかなか使えるものではありません。

崩れる橋の上に乗る立場にも,要石を吹き飛ばす立場にもなりたくはありませんが,そういう光景を見てみたいとは思いますね(笑)

 

 

1999/12/20
「機械は間違いをおかさない」などということはありません。人間が機械を作っている限りは。このことを努々忘れてはなりません。

だからこそかわいげがあるというものです。

 

 

1999/12/18
「ボクサーの本当の力は倒されたときに分かる。立ち上がったら本物だ」

テレビを観ていて心に響いた言葉です。

生きている限りは必ず“次”があります。

 

 

1999/12/17
紙一重だろうとなんだろうと,かわせば同じ。ならば,移動量が少ないだけギリギリでかわすのがよいと思っています。相手の間合いを見切る必要が生じ,これはこれで結構疲れるのですが。

余裕のないことで。

 

 

1999/12/16
出会い頭に熊に出会ったとき大声を出せるようになれば,マタギも一人前なのだそうです。やはり危機管理とはそうしたものだと思います。誰でも咄嗟のときに自然に大声を出せるということはないようです。

さて,何を熊に見立てて練習しようか(笑)

 

 

1999/12/15
新聞のテレビ欄。“ウ”で始まる文字列についつい目がいってしまいます。日曜日が“ウルルン”で昨日が“ウンナン”。「紛らわしいタイトルつけるんじゃねぇ」と一人毒づいたりしています。

疲れているのかもしれません(笑)

 

 

1999/12/14
今晩晴れていたら,ふたご座流星群が見られます。現在のところ沖縄は曇り。毎年この時期は天気が悪いので,今年も見られないかもしれません。

ふたご座の英名は“Gemini”。ピノキオの傍らにいるコオロギの名前でもあります。かつて故石ノ森章太郎は,自らが生み出した人造人間の良心回路に,このコオロギの名前を与えました。

お星様とコンピュータ

 

 

1999/12/13
実家に行くとテレビショッピングを映していて,シャープのワープロが紹介されていました。どうやら父が今使っている機種の後継機らしい。一通り機能の説明が終わると,父が一言「まぁ,嘘はついてないな」と宣いました。どうやら苦労して悟りを開いたようです。

まずは目出度い。

 

 

1999/12/11
巷では「某茄子,棒為す」と騒いでおりますが,そういうものと縁が無くなってから幾年月。いたって平和であります。

さて,懐が暖かくなって私に奢りたがっている人を捜すとしましょう(笑)

 

 

1999/12/10
急に止まるものではありません。動かすことが難儀だったものは。膨大な熱意とエネルギーを与えられて動き出したのですから。それを吸収するのが並大抵でないのは分かり切ったことです。

放っておいてもいずれ止まります。必ず。それまでは放っておくが吉。

 

 

1999/12/9
風邪引いて熱があるときなど,普段考えもしないようなゴージャスでグレイトなことを考えつかないかと思うのですが,どうもそうでもないようです。本当は考えついているのに治ると忘れてしまっているのなら,こんな勿体ないことはないと思います。

普段と違うコンディションのときは普段と違うアプローチというのが自然だと思うのですが。

 

 

1999/12/8
耐え難きを耐えてはいけないと思います。忍び難きを忍んでもいけないのだと思います。そうでなければまた,同じ過ちを繰り返すことになるでしょう。

1941年の今日,耐え難きを耐え忍び難きを忍んだ不満が真珠湾で暴発しました。

 

 

1999/12/7
得意技は一つあれば十分です。存分に技を磨きましょう。どうやったらその技の効力を最大限に発揮できるかを考えましょう。どうやったらその技に持ち込めるかを考えましょう。その技を,技をかける自分自身を信じましょう。

お若い人へ。

 

 

1999/12/6
12月最初の日曜日。「太陽と海とジョガーの祭典」NAHAマラソンです。今年もたくさんの方々が我が家の前を通過していきました。毎年のように思うことなのですが,人はなぜ走るのでしょうね。苦しそうに顔をしかめながら,痛そうに足を引きずりながら。きっと本人にしか分からないことなのでしょうね。

ゴールをくぐることが出来たみなさんにも,途中で勇気ある棄権を選択されたみなさんにも心から拍手を送ります。お疲れさまでした。

 

 

1999/12/4
予測と現実が食い違うとき,当然ながら現実を重視しなければなりません。予測と違う現実に一通り悪態をついたら,何故に予測が外れたのかを真剣に追求するべきです。うだうだいっても現実の方がこちらにすり寄ってきてくれるわけではないのですから。

人間ときには謙虚でなければなりません。

私がいっても説得力はないですね(笑)

 

 

1999/12/3
ケンカの準備に手を抜いて負けたなら自業自得というものです。誰を恨む筋合いもありません。ましてや相手の周到さをなじるなどみっともないも甚だしい。次の機会があるだけでも良しとするべきでしょう。

世の中には手を抜いてはいけないこともあります。

 

 

1999/12/2
「終わりよければ全て良し」とは思っているのですが,これは「結果が手段を正当化する」ということに他なりません。危ない危ない。

計画通りに進まないときは計画の方が悪いには決まっているのですが。

 

 

1999/12/1
いよいよ師走。千年虫のみなさんは出番が近づいてウズウズしているに違いない。どんなふうに遊んでもらえるのかワクワクです。

ついつい♪もぉ〜 い〜くつ ねーるーと〜♪などと歌ってしまふ(笑)


Last month


Click Here!