日々の雑感を先人に倣って綴ってみようと思います。
ご感想,ご意見,お叱りなどございましたらメールまたは掲示板までお寄せいただければ幸いに存じます。

徒然なるままに


1999/6/30
今日は6月最後の日。いよいよ明日からは「七の月」。とりあえず今日一日は何も起きないのが保証されていますね(笑)

意地でも生き抜いて明日を向かねば。

 

 

1999/6/29
ピーキーでパワーバンドが狭い私。ブン回すとすぐに疲れてしまいます。自分の力にはそれなりに自信もありますし,役に立つことも知っていますが,私は私と組んで仕事したいとは思いません。組むならトルクフルで疲れ知らず,殺しても死なないようなヤツに限ります。

今日は疲労回復のために休養中。

 

 

1999/6/28
毎朝使っているシェービングクリームのカンに,「30グラム増量。約15回分お得」と書いてあります。ということは,いつも手に乗せているピンポン玉大の泡は,1円玉2枚分の重さということになります。ふしぎな感慨があります。

子供の頃聞いた「綿100トンと鉄100トンとどっちが重い」というなぞなぞを思い出しました。綿と鉄の体積の差を考えると,大気中で計量すれば大気からの浮力を受けますので,より多く浮力を受けて100トンある綿の方が,少しだけ重いということになります。

 

 

1999/6/27
ウルトラマンガイアファンの皆さんこんにちは。ビデオで観ると何となく損した気分になります。私だけでしょうね(笑)

第42話「我夢VS我夢」。人の心の魔物。良くも悪くも“小中節”ですが,小中千昭さんの脚本作品では一番面白いと思います。

天才である我夢(演:吉岡毅志)の心の中にある疎外感。今回の闘いの相手はその疎外感が育んだ魔物でした。むなしい勝利の後の「ぼくは誰とも闘いたくない。だけど今は闘うしかない」という我夢の言葉には,地球の力を託された若者の苦悩がにじみ出ていました。

お茶を点てながら我夢と向かい合う石室コマンダー(演:渡辺裕之)と,我夢の出撃を見送りながら若者に頼らざるを得ない辛さを吐露する千葉参謀(演:平泉成)。いぶし銀の魅力。

バキッと鉛筆を折るアッコさん(演:橋本 愛)。カワイイ(笑)

ULTRAMAN GAIA HOME PAGE_ あらすじはこちら。

 

 

1999/6/26
♪幸せは歩いてこない だから歩いていくんだよ♪

こういうアクティブな感覚が性に合いません。幸運というヤツはふと立ち止まったとき足許に落ちていたり,向こうから飛び込んできたりするものであると思っています。不運にしたところで同じようなものだと思いますが,とりあえず拾い上げてみなければどちらなのか判りません。

 

 

1999/6/25
「読書百遍意自ずから通ず」といい「眼光紙背に徹す」といいます。どうやら本を読むという行為はなかなか難しいことのようです。コンピュータのマニュアル類を読むときの心構えも結局これにつきるのでしょうね。

百遍も読んでられるか(笑)

 

 

1999/6/24
ノートは後で検証を要するときのために必要なもの。計算の課程を記入したり,思いついたことを書き込んだりと,散らかっているのが当たり前。消しゴムで消してしまったらその部分は再現できません。その部分にミスの原因があったとしても修正することもできません。

整理された綺麗なノートの提出を求める人の気が知れません。ましてやそれで評価しようというのですから呆れてしまいます。

 

 

1999/6/23
「天才とは99%の努力と1%の霊感」だといったのは誰もが知っているエジソンですが,解釈はいろいろあるでしょう。どんなに努力しても閃きがないヤツはモノにならないという解釈も成り立ちます。

どうも学校の先生方はこの言葉が好きなようです。

 

 

1999/6/22
笛吹けど踊らず。当たり前だと思っていれば腹も立つまいに。自分の笛の技量を省みる前に踊り手をなじるのは八つ当たりというもの。踊る気がある踊り手を得ることができるなら,少しばかり笛の技量が拙くても踊ってくれるものを。一通りのアプローチしかないということなど滅多にあるまいに。

ちょっと愚痴モードm(_ _)m

 

 

1999/6/21
何かにあるいは誰かに期待するとき,私は最大限に期待します。私の勝手というヤツです。期待に応えるかどうかは純粋に相手側の問題で,向こうの勝手というものでしょう。

世の中というのはそんなものだと思います。

 

 

1999/6/20
ウルトラマンガイアファンの皆さんこんにちは。ぐんぐん加速している感じですね。

第41話「アグル復活」。美しい映像のなかでアグルが復活。藤宮ファンの私には嬉しい一本です。

対立から協調へ。闘う誇りを取り戻し,護るもののために力を欲した藤宮(演:高野八誠)に,地球は再び力を託しました。アグルの力を全身で受け歓喜する藤宮。これまで見せたことのない表情です。ガイアとアグル。二つの地球の意志が一つになります。

海の碧の中で新生アグルが誕生するシーン。とても美しく,ゾクゾクする高揚感でした。その後のアグルのファイトは,自信と力に満ちあふれ,まさしくアグルでした。

ULTRAMAN GAIA HOME PAGE_ あらすじはこちら。次週はドッペルゲンガー。

 

 

1999/6/19
自動車レースを企画するのも,運営するのも,参加するのも,観るのも,感動するのも人間です。

素晴らしき仲間たちに乾杯!

 

 

1999/6/18
かつて故・本田宗一郎は自動車競技を「走る実験室」と表現しました。現在では,競技用の自動車は専用車として設計され,市販車の技術の延長で作られることもなくなりましたし,競技の中で培われ熟成された技術が,市販車へフィードバックされるといったこともほとんどありませんので,必ずしも「走る実験室」ではないかも知れません。

しかしながら競技用自動車の設計の自由度は市販車のそれより格段に高く,新しい素材や形状,原理などが惜しげもなく取り入れられます。このことは若い技術者たちの育成の場としてこの上もない環境だといえるでしょう。そうやって「魂」を養った技術者たちが,私たちの使う明日の市販車を設計すると思うと,とてもワクワクします。

毎日のように自動車を運転するものの一人として,これからも自動車競技に関心を持ち続けようと思っています。

 

 

1999/6/17
人生がスプリントであるかエンデュランスであるかは人それぞれでしょう。スプリントにはスプリントの,エンデュランスにはエンデュランスのそれぞれの闘い方と勝ち方があります。

私はスプリントだと思っています。

 

 

1999/6/16
レースを観ていて,誰が一番速いかには実はあまり関心がありません。競技ですから勝ち負けがあるのは当たり前で,誰かが勝つことになっています。しかしながら,なぜ勝てたかについては強い関心があります。競技車そのものの完成度,ドライバーの技量,ピットクルーの技量,コースのあちこちに潜んでいる魔物を避ける,あるいは積極的に利用する幸運,実にいろいろな要素の複雑な連携や錯綜が勝利を呼び込みます。

レースはドラマです。

 

 

1999/6/15
双方がどんなに速く動いていたとしても,その相対速度が0ならそれぞれにとっては静止しているものとして扱えます。

例えばスペースシャトルから宇宙空間へ射出される人工衛星や宇宙遊泳中の宇宙飛行士は,非常にゆっくりと動いているように見えますが,これはスペースシャトルに対する相対速度が小さいだけで,地球に対してはどちらも非常に大きな速度で運動しています。

抜きつ抜かれつの自動車レースでも,2台の車が同じ速度で走っているのなら,どんなに接近したいたとしても,抜くことは出来ません。また,微妙に相対速度を調節することで,接触することなく間合いを詰めることもできます。

高速道路で前の車を抜くときに,あるいは自分が抜かれるときに,相対速度を意識すると,より安全に抜くことが,あるいは抜かせることが出来ます。

自動車レースを観ることで得られる教訓です。

 

 

1999/6/14
先日行われたル・マン24時間レースのオフィシャルサイトから,エネルギーの遷移の瞬間を捉えた写真を一枚ご紹介します。

http://www.24h-le-mans.com/autos/photos/C520C-007211999060922333911460L.JPG

タイヤの部分にご注目ください。ディスクブレーキが赤熱しているのがわかるでしょうか。運動エネルギーを熱エネルギーに変え,それを大気中に発散することで自動車は減速します。私たちの自家用車も減速しようとブレーキを踏んでいるとき同じことが行われています。

こういう瞬間が垣間見られるのも自動車レースの魅力の一つです。

 

 

1999/6/13
ウルトラマンガイアファンの皆さんこんにちは,いよいよ第4クール突入。

第40話「ガイアに会いたい!」。視聴者参加の一本。突っ込むのは野暮というものでしょう。

今回の特撮は見所満載。気合いが入っていました。チームライトニングのスピード感のある動きは絶品。特に,地を這うような低空進入から怪獣の胸元へ上昇していくシーンは素晴らしいの一語につきます。ガイアの彗星のような登場シーンも良い。地表がぐんぐん迫ってくる様子は迫力満点でした。ここまで出来るのですね。限られた予算と時間の中でこの映像を作った皆さんの努力に敬意を表します。

ULTRAMAN GAIA HOME PAGE_ あらすじはこちら。次週いよいよ復活!

 

 

1999/6/12
本日午後4時(仏時間)ルマン24時間レースの本戦が始まります。今年はどんなドラマを見せてくれるのでしょうか。耐久レースの面白さ,怖さを満喫したいと思います。

Site officiel des 24 Heures du Mans

ルマン24時間レース(テレビ朝日)

 

 

1999/6/11
弘法は筆を選んだはずです。持てる技量を最大限に発揮するために。思い通りに自分を表現するために。選びに選び抜かれた道具だけがそれに耐えうるのですから。

環境を用意できないときに,「弘法は筆を選ばず」などといって逃げるのはやめましょう。

 

 

1999/6/10
天気予報というのはどの程度当たるものなのでしょうか。私の感覚だと半々よりはちょっとまし,良くて6割というところでしょうか。局地の短時間の天気予報は良く当たるようですから,近いうちに広域の予報も8割方当たるようになって“予言”の域に達するかも知れません。

そのうちに天気を制御しだして“お天気予定表”なんかが配られるようになったりするかも知れませんが,私の目の黒いうちは,そんな味気ないことにはなりませんように。

 

 

1999/6/9
“0”と“1”の間の解釈は人それぞれのようです。私などは「何もない」と考えていますが,「無限に細分化できる」と考えている人もいます。私には見えない隙間から,様々なものを取り出して見せてくれるこういう人たちはとてもありがたい存在です。きっと私の何倍も人生を楽しんでいることでしょう。

 

 

1999/6/8
敵に囲まれたときには,どの方向にも攻撃できる好機と捉えると良いそうです。楽しく生きるコツの一つに世の中をなめてかかることがあるのは知っていますが,これほど楽観的で脳天気な見解は聞いたことがありません。肝の据わった御仁もいらっしゃるものです。

 

 

1999/6/7
「人は情に舞い、情に人は踊る」をモットーとする,オハラ調査事務所なるところからダイレクトメールが届きました。なるほどそんなものかとも思いますが,そばでそれを煽る仕事というのはどんな感じなのでしょう。常に火種をさがし,燻っている火に風を当ててみたり,時には火を付けて回ることもありそうです。それに従事する人たちは,ねばり強く勤勉で強い意志を持っているに違いありません。私などにはとてもつとまらないでしょう。

私のメールアドレスは公開なので,どこからメールが来てもおかしくはないのですが,いったいどこから拾ってきたのやら。さすが探偵(笑)

探偵ファイル ※CD-ROM付属

 

 

1999/6/6
ウルトラマンガイアファインの皆さんこんにちは。このところとても中身の濃いガイアですが,子ども達はどんなふうに観ているのでしょうか。

第39話「悲しみの沼」。オルゴールの音色が印象的な作品。「人が人を許さない限り争いはなくならない」という平野老人(演:武内亨)の言葉が胸に刺さります。

異形の“人”を扱った作品には,ウルトラマン第23話「故郷は地球」があります。今回のお話を観ながらこの作品を思い出した方も多数いらっしゃったことでしょう。かつてウルトラマンは人類を守るためにジャミラを倒しましたが,ガイアは近藤を救うためにツチケラを倒します。ジャミラの中にあった「遺恨」と,ツチケラから人の心を奪った「地中貫通爆弾」。どちらの根底にも「人間」があります。

地中貫通爆弾によって怪物を巨大化させたり,オルゴールの音でいったん心を取り戻したのを凶暴化させてみたりと,手法的にはとてもあざといものがあり,作品のテーマや完成度は別にして,憤りを感じる点もありました。

ULTRAMAN GAIA HOME PAGE_ あらすじはこちら。来週は堤チーフが活躍。

 

 

1999/6/5
ムリ,ムダ,ムラ。確かに効率の敵ではありますが,ムリはともかくとして,ムダとムラはあながち悪いことではないと思います。私がコンパクトにまとまった無駄のない構成に感動できるのは,日頃のムラッ気の賜だと思っています。

自己弁護以外のなにものでもないですね(笑)

 

 

1999/6/4
管理しないとバラバラに散らばるのは自然の法則なのでどうしようもありません。人間の体も生きている限りはエネルギーを使ってバラバラになるのを防いでいますし,机の上だって管理にエネルギーを使えば散らかることはありません。エントロピーは増大しようとする。わかっちゃいるのですがね。

成り行きの果てに調和を見ることもあるのですが,さてそれまで我慢できるものかどうか(笑)

 

 

1999/6/3
直接自分と利害関係がない人の言動に怒ってみたり,国際保護鳥の雛がかえる様子が詳細に報告されるのを喜んでみたり,人間というのはつくづく想像力の生き物だと思います。野村沙知代氏が吼えようと,朱鷺の雛が卵の殻に数ミリの穴を開けようと,そんなものかなと思う私の方が鈍感なのでしょう。

平和なうちにできることはやっておくべきですね。なんせ来月は(笑)

 

 

1999/6/2
我が父がついに“ワープロ”を購入しました。前々からパソコンに不満を抱いていたので無理なからぬことなのですが,やれ「スキャナが付いている」だの「インターネットができる」だのとはしゃいでおります。無邪気なのはよいのですが,そうやって買った「何でもできる」電子レンジが暖め専用機になっているのは教訓として活かされていないようです。

ワープロが父にとって良い道具となりますように。

 

 

1999/6/1
1+1=2。これは真理です。そうならなければプロセスが違っているか,奇跡が起こっているかどちらかです。願わくば後者であって欲しいものです。


Last month


Click Here!