2007年09月22日

地球へ… section24

地球へ… section24「地球の緑の丘」 エンディングテーマの後に用意されたラストシーンは青い地球。 地球は人類が去って青さを取り戻す。 突き刺さったメギドはさながら人類全体の墓標のようでもありました。 素晴らしい締めくくりだったと思います。 こちらの...... [続きを読む]

2007年09月15日

地球へ… section23

地球へ… section23「地球 (ちきゅう) へ」 公式サイトのあらすじを引用 地球再生機構『リボーン』の拠点、地球。 その総本部「ユグドラシル」で、人類とミュウの最終会談が開かれる。 全ての判断をコンピュータに頼りきった人類との話し合いは茶番劇にも似...... [続きを読む]

2007年09月08日

地球へ… section22

地球へ… section22「暮れる命」 敵旗艦への侵入を果たすも決定的なチャンスを棒に振るトォニィ。 もうこれが全てでしょう。 司令官室にさえサイオンシールドはない(あるいはトォニィなら突破できた)んです。 艦橋でも機関室でもクリティカルなところも破壊し...... [続きを読む]

2007年09月01日

地球へ… section21

地球へ… section21「星屑の記憶」 ナスカの子ども達のそれぞれの想い。 アルテラの「勝った後」を恐れる様は秀逸でした。 かつてはトォニィのためにソルジャー・シンを討って自分たちがトップに立とうといっていた彼女。 自ら戦う中で,たとえ超絶的な力を持っ...... [続きを読む]

2007年08月18日

地球へ… section20

地球へ… section20「決戦前夜」 ストーリーに新味はなくても不満もなけれども,「ソル太陽系」と聞くたびにピクピクした一本(苦笑) SFっぽさを出したかったということなのだろうか? それとも,この頃の天文学ではこの太陽系はそう呼ばれているのだろうか?...... [続きを読む]

2007年08月11日

地球へ… section19

地球へ… section19「それぞれの場所」 ジョミーはテラズNo.5を破壊したということでしょうか? どうしてそういう重要な装置が遊園地の裏にあるのかははなはだ謎なのですが。 カレー屋の地下に秘密基地を持つ某秘密戦隊でもあるまいし(笑) ジョミーの乗る...... [続きを読む]

2007年08月04日

地球へ… section18

地球へ… section18「再会のアルテメシア」 強権を以てアルテメシアに迫るソルジャー・シンとナスカの子ども達。 うん,見たかったのはまさにこれ(爆) 今まで人類側が一方的にミュウ側を迫撃していた以上,捕虜の扱いを決めた戦時条約などあろうはずもないわけ...... [続きを読む]

2007年07月28日

地球へ… section17

地球へ… section17「永遠と陽炎と」 ソルジャー・ブルーとナスカ。 多大な犠牲が為政者としてのソルジャー・シンの蒙を醒ます。 やっとここまで来ましたか。 今後は芯のぶれない物語進行に期待します。 死に場所を選んだソルジャー・ブルー。 自らの死がどの...... [続きを読む]

2007年07月21日

地球へ… section16

地球へ… section16「赤い瞳 蒼い星」 ジョミーに長とはなんぞやを示すブルー。 今回はこれだけで結構満足だったり。 そう,非常時において良い指揮官の条件は右なのか左なのかを即座に決めて見せて従うものに揺らぎない姿勢を見せられること。 その決断が正し...... [続きを読む]

2007年07月14日

地球へ… section15

地球へ… section15「変動の予兆」 キース・アニアン少佐の「これだけの技術を有し,特殊能力を持ちながら,その力に頼りすぎて危機管理能力に欠けている」のお言葉が全ての一本。 まったくもってその通り。 キース・アニアン少佐は極めて真っ当な人物だと思う。...... [続きを読む]

2007年07月07日

地球へ… section14

地球へ… section14「同じ記憶」 功一等はなんといってもマツカ氏。 ミュウ達の精神攻撃を破って見せジョミー自らを出撃せしめ,その空白が物語を大きく動かす。 もちろんマツカ氏本人は意図していたわけではなく知りもしないのでしょうが(笑) マツカ氏が宇宙...... [続きを読む]

2007年06月30日

地球へ… section13

地球へ… section13「星に潜むもの」 ミュウの捕虜となるキース・アニアン。 しかし,その記憶はフィシスを動揺させる。 待て次回。 というお話。 1クールの最後にしてはいささか盛り上がりに欠けるようにも思いますが。 スケジュールに余裕があるのですかね...... [続きを読む]

2007年06月23日

地球へ… section12

地球へ… section12「孤独なるミュウ」 指導力不足を露呈する若き指導者,ソルジャー・シン。 自らの持つ強力な力で従わないもの達を屈服させようとしないのは,元々そういう手段を好まないのか,それではいずれ立ちゆかなくなるという政治的配慮なのか,それとも...... [続きを読む]

2007年06月16日

地球へ… section11

地球へ… section11「ナスカの子」 悩める為政者ジョミー編。 300年くらい生きれば,ソルジャー・ブルーのレベルに達せられるのであろうか。 その能力も,したたかさも。 ナスカに根付こうとする若い世代と,過去の迫害を知っている古い世代の対立。 ご老体...... [続きを読む]

2007年06月09日

地球へ… section10

地球へ… section10「逃れの星」 シャングリラ船長の「彼を引き込んだのは私たちだ」が全てな久しぶりのミュウ編。 ジョミーはなんとか指導者として受け入れられているらしい。 自ら子孫を作ることを決意するミュウたち。 放棄された植民星に降りる。 船では人...... [続きを読む]

2007年06月02日

地球へ… section09

地球へ… section09「届かぬ思い」 シロエ退場。 結局彼はなんだったのでしょうかね? 外から物語を見ている立場としては,表向きは体制側が成人検査だなんだといって人間をきっちり管理・監視しているように見えてもどうにも詰めの甘い間抜けであることを暴くの...... [続きを読む]

2007年05月26日

地球へ… section08

地球へ… section08「震える心」 ついに核心に迫るシロエ。 一方,キース・アニアンはミュウの長・ジョミーからの精神感応を受ける。 さて,どうなる次回? あ,三行で終わってしまった(苦笑) 半行足りないので次回も見ると(謎) なによりもカテゴリも起こ...... [続きを読む]

2007年05月19日

地球へ… section07

地球へ… section07「反逆のシロエ」 シロエとキースを軸に登場人物達の内面を掘り下げて描く好編。 物語はシロエの側から描かれますが,しかし,体制側にとってのシロエの役割はなんでしょう? 統治のために必要な「計画された異分子」,いわば「羊の群れの中の...... [続きを読む]

2007年05月12日

地球へ… section06

地球へ… section06「ステーション E-1077」 主人公ジョミーを登場させず,キース・アニアンを描く思い切った構成の一本。 次回もそうなのか? SF的な考証に関しては,そう見えれば良いというレベルにしては少々懲り過ぎかなぁ? 窓の外で中心部が“相...... [続きを読む]

2007年05月05日

地球へ… section05

地球へ… section05「死の跳躍」 「事の善し悪しは終わってみなければ分からない」。 ソルジャー・ブルーの言葉。 至言です。 しかし,戒めとして使わなければならない言葉だとも思います。 自分のしようとしている事への。 自分のしてしまった事への。 サブ...... [続きを読む]

2007年04月28日

地球へ… section04

地球へ… section04「宙からの帰還」 ジョミーの力が発動したときのソルジャー・ブルーの歓喜の笑みが印象的。 きっと計算抜きの自然にでた笑顔だったのでしょうね。 非常に人間らしいと思いました。 そして,力尽きる。 自らの記憶を武器としてジョミーの心を...... [続きを読む]

2007年04月21日

地球(テラ)へ… section03

地球(テラ)へ… section03「アタラクシア」 ツッコミどころはジョミーの家の鍵。 電子錠なんだから空き家になれば普通は番号を変えるだろうに(苦笑) あるいは,前の番号で鍵が開けば自動的に当局に通報されて御用。 「管理社会」とはいってもずいぶんと抜け...... [続きを読む]

2007年04月14日

地球(テラ)へ… section02

地球(テラ)へ… section02「ミュウの船」 ジョミーを受け入れないミュウたち。 彼らもまた「人間」だということですね(苦笑) 非常に潔い描き方です。 見所その一は追われるジョミーが飛び降りて飛行体に着地するシーン。 飛行体にプロペラ様のものが付いて...... [続きを読む]

2007年04月07日

地球(テラ)へ… section01

地球(テラ)へ… section01:目覚めの日 第一話見ました。 導入としては良いと思います。 「目覚めの日」のサブタイトルで目覚まし時計で眠りから目覚めさせるのはちょっと演出過剰かと思いましたが(笑) 見ている人はどれくらいの割合で原作を*知らないのか...... [続きを読む]

2007年03月02日

「地球へ・・・」はTBS土六

放送情報決定 - 地球へ・・・(公式サイト)MBS・TBS系全国ネット 4月7日より放送開始 毎週土曜夕方6時 公式サイトでアナウンスが出ました。 同じ局と時間帯で現在放送中の妖奇士は3月いっぱいということですね。 当初からの予定なのか打ち切りなのか。 ...... [続きを読む]

2007年01月10日

「地球(テラ)へ…」がアニメ化

地球へ…:竹宮恵子の名作SFがテレビアニメ化 4月からMBS・TBS系で (まんたんウェブ)竹宮恵子さん原作のSFマンガの名作「地球(テラ)へ…」のテレビアニメ化が決定、4月からMBS・TBS系で放送されることが分かった。プロデュースは、「鋼の錬金術師」...... [続きを読む]
HOME
きゃんずぶろぐ:トップページ
きゃんずほめぱげ:このサイトのトップページ,制作者の素性,メールなどもこちらから

-- hosted by --
ABOUT
このブログについて
Amazon


ベストセラー
/ 音楽 / DVD / ゲーム / Toy

キャンペーン
おすすめ商品
Kyan's BLOG内検索

カテゴリー
おすすめECサイト
リンク
エーハチネット
バリューコマース
リンクシェア

BlogPeopleに登録

楽天市場
楽天で探す
楽天市場

今この商品が大人気!
売れ筋,総合売上ランキング!
Powered by
Movable Type 3.36